20191120日(水)-22日(金)
10:00~17:00
東京ビッグサイト西4ホール
主催:農林水産省
TOP出展者一覧 > 出展者詳細・お問い合わせ
小間番号:総-23

(国)北海道大学 ロバスト農林水産工学国際連携研究教育拠点

紙デバイスとスマホを組合せて、生産者が現場で簡便に測定できる検査キットを展示します。

展示内容

技術ジャンル センシング・AI・ビッグデータ解析・ICT・IoTなど/生産/加工・利用・分析技術・流通
出展内容 農作物、魚介類、農地、環境中の物質、タンパク質、ウィルスの濃度を生産者が現場で簡便に測定できる検査キットに関する展示です。将来、測定時点での気温、湿度、照度などとともにAIにより活用することで高度な生産技術を確立できる可能性を秘めています。
商品化・事業化のイメージ 検査チップ製造メーカー、ろ紙メーカー、アプリ作製メーカーと協力して、製品開発し、農業試験施設などでの実証試験を経て事業化する予定です。
展示方法
パネル・ポスター
実物展示
パンフレット
マッチング目的
共同研究
技術移転
改良点把握
製品化
資金
情報交換
マッチング希望相手
研究機関
加工業
生産者
流通(販売)業
商社
海外関係
情報通信
医学・薬学

研究・プレゼンテーション

日時・会場 2019年11月20日(水)・11:40-11:55・セミナールームB
タイトル スマート漁業 -漁業施設の運用と設計を最適化する技術開発-
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
北海道大学・大学院水産科学研究院・教授・高木 力
講演 魚介類の生産は大規模な漁具や養殖施設を用いて生産されており,その大きさは数百メートル以上にもなる。また海中で使用されるので,これら施設が海の中でどのような形状となり,どの程度の力が部材に作用しているのかを把握することは,漁業者や設計者にとって殆ど不可能である。本発表では海中の漁具や水産施設の状態を可視化し,施設設計や操業方法の最適化を支援する解析技術を紹介する。
日時・会場 2019年11月21日(木)・14:00-14:15・セミナールームA
タイトル 紙を利用した簡易分析デバイスの開発とその農林水産分野への応用
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
北海道大学・大学院工学研究院・教授・渡慶次 学
講演 紙を利用した簡易分析デバイスを開発した。紙デバイスとスマートフォンを組み合わせることで、現場で迅速かつ簡便に測定対象を分析できる分析システムについて紹介する。このシステムを用いた、農林水産分野への応用について紹介する。

お問い合わせ先

お問い合わせ先 北海道大学 ロバスト農林水産工学国際連携研究教育拠点
郵便番号 060-8628
住所 北海道札幌市北区北13条西8丁目
TEL 011-706-6741
FAX 011-706-7589
URL https://www.eng.hokudai.ac.jp/others/robust/

PAGE TOP