20201111日(水)-13日(金)
10:00~17:00
東京ビッグサイト青海展示棟 Aホール
主催:農林水産省
TOP出展者一覧 > 出展者詳細・お問い合わせ
小間番号:食-04

(学)東京都市大学 視覚メディア研究室/高分子・バイオ化学研究室

◆画像解析
食品の質を自動解析し数値化します
◆バイオ
食品の乳化・分散に+αを提案します

展示内容

技術ジャンル センシング・AI・ビッグデータ解析・ICT・IoTなど/育種/加工・利用・分析技術・流通
出展内容 ◆画像解析
フラクタルを用いて食品の質を数値化する技術を展示します。肉、魚、野菜、果物等様々な食品に応用でき、育種等における成長具合の確認にも使えます。
◆バイオ
誰でも簡単に作製できる乳濁分散液の作製方法を中心に、可食性高分子を利用したナノ/マイクロ乳化・分散系食品の作製技術について展示します。
商品化・事業化のイメージ ◆画像解析
評価の自動化・数値による確実な評価により食品評価分野へ展開可能。
評価の自動化・リアルタイムな評価により育種分野へ展開可能。
◆バイオ
付加価値を備えた液状食品(飲料、調味料、ペースト類)や粉末食品、栄養機能成分を効果的に摂取できる機能性食品への展開を想定しています。
展示方法
パネル・ポスター
映像
実物展示
パンフレット
実演
マッチング目的
共同研究
技術移転
改良点把握
製品化
資金
情報交換
マッチング希望相手
研究機関
加工業
生産者
流通(販売)業
商社
医学・薬学

研究・プレゼンテーション

日時・会場 2019年11月21日(木)・11:40-11:55・セミナールームA
タイトル 食用高分子と脂質を利用したナノ/マイクロ乳化・分散技術
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
東京都市大学工学部エネルギー化学科 教授 黒岩 崇
講演 可食性高分子と脂質を利用した簡便な食用微粒子や乳化食品の作製技術を紹介します。具体的には、本技術の特長である3つのポイント、すなわち①特別な装置を必要としない簡便な微粒子・微細液滴の作製、②水難溶性成分や不安定成分に対する優れた分散・カプセル化能力、③長期にわたる高い安定性、について動画や実験結果を交えてわかりやすく解説します。

お問い合わせ先

お問い合わせ先 東京都市大学産官学交流センター
郵便番号 158-8557
住所 東京都世田谷区玉堤1-28-1
TEL 03-5707-0104 内線2232
FAX 03-5707-2128
URL http://www.csac.tcu.ac.jp/index.html

PAGE TOP