20201111日(水)-13日(金)
10:00~17:00
東京ビッグサイト青海展示棟 Aホール
主催:農林水産省
TOP出展者一覧 > 出展者詳細・お問い合わせ
小間番号:食-05

(地独)北海道立総合研究機構

北海道の豊かな自然と地域の特色を生かした食品加工技術を紹介します。

展示内容

技術ジャンル 加工・利用・分析技術・流通
出展内容 当機構で実施している食品加工分野に関する研究から生み出された技術シーズの展示を行います。
○旬の味わいを閉じ込めた常温保存可能な果実加工技術
○子実とうもろこしの食材活用技術(コーングリッツ)
○発酵種を用いたパン類の製造技術
○きのこを用いた機能性アミノ酸(GABA)富化技術 
○その他開放特許
商品化・事業化のイメージ 紹介した技術シーズは、商品開発や事業展開への活用を希望する企業とマッチングし、共同研究・技術支援することで、商品化・事業化を進めていきます。
展示方法
パネル・ポスター
実物展示
パンフレット
試飲・試食
マッチング目的
共同研究
技術移転
製品化
情報交換
マッチング希望相手
研究機関
加工業
生産者

研究・プレゼンテーション

日時・会場 2019年11月22日(金)・14:40-14:55・セミナールームB
タイトル 発酵種を用いた酸味に特徴を有するパン類製造技術
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
食品加工研究センター 食品開発部発酵食品G 主任主査 中川良二
講演 イーストと乳酸菌を共発酵させて製造される発酵種はサワー種と呼ばれ、これを用いるパン(サワーブレッド)は、共発酵によって生成される有機酸,特に酢酸による酸味や風味があります。
近年、発酵安定性の高いイーストの普及や冷凍生地の発展、製パン作業の効率化とともに、パンの風味不足が問題視されるようになり、サワー種の複雑な風味や好ましい食感などが見直されつつあります。そこで、当機構保有株からパンの風味向上に寄与する乳酸菌を選択し、サワー種の酸味を調節できる乳酸菌株を用いたパン類の製造技術を開発しました。

お問い合わせ先

お問い合わせ先 研究企画部知的財産グループ
郵便番号 060-0819
住所 札幌市北区北19条西11丁目
TEL 011-747-2806
FAX 011-747-0211
URL http://www.hro.or.jp/

PAGE TOP