20201111日(水)-13日(金)
10:00~17:00
東京ビッグサイト青海展示棟 Aホール
主催:農林水産省
TOP出展者一覧 > 出展者詳細・お問い合わせ
小間番号:食-32

(国)九州大学大学院農学研究院

身近な天然素材の従来の活用法に科学的根拠を付加し、既存価値を高め、新たな市場の創出を目指す

展示内容

技術ジャンル 加工・利用・分析技術・流通/地方創生・地域活性化/健康長寿社会の実現
出展内容 霊芝・ヤマブシタケなどの薬用キノコや竹皮といった未利用素材の機能開発(機能性食品、化粧品)、月桂樹葉やモミのアロマの効能、畳やスギを用いた住空間の健康増進効果等、従来の活用法に最新の技術で科学的エビデンスを付加することにより既存価値を高めた、身近な天然素材の利活用法のヒントを機能性探索の例を挙げながらご紹介します。
商品化・事業化のイメージ 通常の機能性食品から、機能性表示商品開発を目指した研究開発。
機能性アロマ(香り)・化粧品開発。
和の空間(畳・木の家)のエビデンスに基づいた快適住環境の創出。
展示方法
パネル・ポスター
実物展示
マッチング目的
マッチング希望相手

研究・プレゼンテーション

日時・会場 2019年11月20日(水)・15:40-15:55・セミナールームB
タイトル 天然素材の多機能性に着目したアグリビジネス創出
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
国立大学法人九州大学・大学院農学研究院・准教授・清水 邦義
講演 最近、ロハス(LOHAS)という言葉が、いたるところで聞かれます。この言葉は、「Lifestyles Of Health And Sustainability」(健康と持続可能性の、またこれを重視する生活様式)の頭文字をとっており、今一度、天然素材を自らの生活に取り込み、健康と持続可能性を模索していこうという気運の一つの現れかと思います。身近な天然素材のコスメ、アロマ、食品、トイレタリー、住環境等への応用につながる機能性探索の例を挙げながら、天然素材の利活用法のヒントをお示ししたいと思います。

お問い合わせ先

お問い合わせ先
郵便番号 819-0395
住所 福岡県福岡市西区元岡744
TEL 092-802-4507
FAX 092-802-4541
URL http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/

PAGE TOP