20191120日(水)-22日(金)
10:00~17:00
東京ビッグサイト西4ホール
主催:農林水産省
TOP出展者一覧 > 出展者詳細・お問い合わせ
小間番号:21B

生産現場の夢トーク2019 ~地域の生産現場に眠る「ビジネスのタマゴ」とは?~

農業における「ビジネスのタマゴ」を紹介します!

展示内容

技術ジャンル 機械/センシング・AI・ビッグデータ解析・ICT・IoTなど/生産/加工・利用・分析技術・流通/収穫・伐採・漁獲・屠畜・搾乳・採卵/地方創生・地域活性化/土壌・肥料・水管理/病虫害防除
出展内容 地域の生産現場の最前線にいる都道府県職員「普及指導員」が地域農業が抱える課題を紹介します。地域農業の課題=「ビジネスのタマゴ」をふ化できる技術力を有する民間企業等と普及指導員がタッグを組むことによりさらなる地域活性化を実現させることが目的です。
テーマは以下のとおり。11/21午後にセミナールームCにて詳細発表予定。
商品化・事業化のイメージ ①メロン等収穫適期判定機
②土壌の硝酸態窒素感知、施肥要否判定機
③梨畑地下根圏可視化技術
④米一粒毎食味選別機、良食味米栽培方法提案ソフト
⑤土壌の塩類回収・再利用装置
⑥早生たまねぎ収穫調製機
⑦スクミリンゴガイ駆除機
⑧かん水見える化機器
⑨家畜モニタリング
展示方法
パネル・ポスター
パンフレット
マッチング目的
共同研究
改良点把握
製品化
情報交換
マッチング希望相手
研究機関
情報通信
その他

研究・プレゼンテーション

日時・会場 2019年11月21日(木)・13:30-16:30・セミナールームC
タイトル 埼玉県の課題
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
埼玉県春日部農林振興センター 寺下・小山・鈴木・吉川・畠山
講演 ①小玉すいかやメロンに使用する非破壊糖度計のような収穫適期判定機器
②センサーを作付前の土壌に挿入するだけで硝酸態窒素レベルを感知し、施肥の要否を判定できる機器(小松菜)
③CTやMRIのように梨の園地において地下根圏を可視化する技術
④米を一粒毎に食味で選別する機械、多彩なほ場の条件に合わせた「良食味米栽培方法提案ソフト」
⑤土壌の塩類を回収し、液肥または培土のような形で再利用する装置
日時・会場 2019年11月21日(木)・13:30-16:30・セミナールームC
タイトル 千葉県の課題
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
千葉県長生農業事務所 宍倉・小宮、農林水産部担い手支援課 武田
講演 ⑥水分が多く柔らかい早生たまねぎに適した収穫・調製機械
⑦水田に侵入・越冬したスクミリンゴガイを自動で拾い上げて駆除する、または卵塊を検知して駆除することができる機械
⑧かん水の時間、回数、かん水量が記録され、かつスマートフォン等で確認できる機器
日時・会場 2019年11月21日(木)・13:30-16:30・セミナールームC
タイトル 熟練生産者の家畜の状態把握と家畜飼育最適化ノウハウの見える化
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
香川県農政水産部農業経営課 主席専門指導員 谷原礼諭
講演 上手に家畜を飼うためには家畜の24時間365日のわずかな変化を察知して適切な対応を行うことが必要です。
しかし、このノウハウはそれを身に着けている熟練者にとってうまく説明ができない暗黙知となっています。
この暗黙知を誰でも理解できるノウハウに変換することによって、家畜の状態把握とそれに応じた最適な飼育管理が行える熟練従事者を増やして活気ある畜産業の創出を目指します!

お問い合わせ先

お問い合わせ先 農林水産省技術普及課
郵便番号 100-8950
住所 東京都千代田区霞が関1-2-1
TEL 03-3501-3769
FAX 03-3597-0142
URL http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/hukyu/index.html

PAGE TOP