20191120日(水)-22日(金)
10:00~17:00
東京ビッグサイト西4ホール
主催:農林水産省
TOP出展者一覧 > 出展者詳細・お問い合わせ
小間番号:農-31

日本産高級果実の超高品質世界展開技術開発プラットフォーム

日本産果実とその加工品の世界展開を目指し国際的な品質評価に挑み、高い評価を得ることができた
共同研究機関 宇都宮大学ほか

展示内容

技術ジャンル 加工・利用・分析技術・流通/グローバル展開
出展内容 高品質な日本産大型完熟イチゴを世界展開する技術、EU味覚審査に挑戦し、審査員であるEU域内の有名シェフらから3年連続で最高評価を獲得しCrystal Awardを受賞した経緯、さらに果実加工品でも高い評価を得るに至った成果についてご紹介します。日本産果実やその加工品は高い価値を持ち、新たな市場形成の可能性を示します。
商品化・事業化のイメージ 輸出先での品質認証に挑戦し、日本産果実の高品質・良食味のエビデンスを得ることによって、例えば“StrawberryではないIchigo”や“AppleではないRingo”など、日本産果実が現地産と全く異なる品質であることを明確にし、日本ブランドによる世界市場創造を目指す。
展示方法
パネル・ポスター
映像
実物展示
パンフレット
試飲・試食
実演
マッチング目的
共同研究
技術移転
マッチング希望相手
研究機関
生産者
流通(販売)業

研究・プレゼンテーション

日時・会場 2019年11月21日(木)・15:40-15:55・セミナールームA
タイトル 日本産IchigoのEU品質認証で見える果実輸出の世界戦略
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
柏嵜 勝(宇都宮大学)・日本産高級果実の超高品質世界展開技術開発プラットフォーム・コーディネーター
講演 日本産果実を高品質・高価値で世界へ展開を目標に、イチゴ個別包装容器フレシェルⓇやその流通資材等を開発し、EU圏での第三者品質認証によって実証し、日本産イチゴはEU圏に於いて非常に高品質且つ良食味であることを明らかにできた。本取り組みの成果によって、品質担保可能な日本産完熟イチゴの高品質世界展開技術の開発を進め、輸出ターゲット国地域の拡大、国産イチゴ品種や国内生産地域との連携拡大を積極的に実施し、“StrawberryではないIchigo”のブランド創造、さらに他の果実加工品の世界展開を目指す。

お問い合わせ先

お問い合わせ先 日本産高級果実の超高品質世界展開技術開発プラットフォーム
郵便番号 321-4415
住所 栃木県真岡市下籠谷443 国立大学法人宇都宮大学 農学部附属農場 柏嵜研究室 気付
TEL 0285-84-1338
FAX 0285-84-2425
URL https://www.facebook.com/jsqf.platform/

PAGE TOP