20201111日(水)-13日(金)
10:00~17:00
東京ビッグサイト青海展示棟 Aホール
主催:農林水産省
TOP出展者一覧 > 出展者詳細・お問い合わせ
小間番号:農-07

(国)鹿児島大学

鹿児島大学の独自性のある新製品の完成や共同研究・様々な技術シーズの活用・ベンチャー起業
共同研究機関 民間企業・公設試験研究機関等

展示内容

技術ジャンル 機械/センシング・AI・ビッグデータ解析・ICT・IoTなど/生産/健康長寿社会の実現
出展内容 「食と健康」維新-ウェルネス鹿児島大学。食の維新は薩摩から!離島を含めた南北600kmのフィールドを活かした魅力ある研究シーズ・技術シーズをご紹介します。農業県かつ畜産王国の鹿児島には、美味しく機能性に富んだ多彩な食材が溢れています。本学ではその生産をサポートし、付加価値を高める研究に注力しております。鹿児島から、おいしい、楽しい、健康を発信!共同研究や商品開発への展開を目指しています。     

研究・プレゼンテーション

日時 11/12 (木) 10:30-10:45 (A)
タイトル 本当に美味しい「かごしま黒豚」のヒミツ
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
国立大学法人 鹿児島大学学術研究院 農水産獣医学域,農学系 教授 大塚 彰
講演 「かごしま黒豚」とは、鹿児島県で出生したバークシャー種で,かつサツマイモを10~20%含む飼料を出荷前60日以上与えて仕上げたブランド豚です。一般的な三元交雑種の豚肉と比較して,「かごしま黒豚」肉にはうま味アミノ酸(グルタミン酸)および甘味アミノ酸(トレオニンやアラニンとプロリン)が非常に多く含まれていること,そして軟らかさに関する物性指標が低く,実際に食した際の食感の評価が高いことが明らかにされています。つまり「かごしま黒豚」肉は「やわらかくてうま味や甘味成分を豊富に含む豚肉」なのです。
日時
タイトル 科学と国土をフル活用した牛肉生産システムの改革
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
国立大学法人 鹿児島大学学術研究院 農水産獣医学域,農学系 教授 後藤貴文
講演 安心・安全な牛肉の生産を、先端生物科学、IoTや衛星データを用いて生産パッケージング技術を開発する。現在の畜産は、高騰する輸入飼料に頼り経営困難、循環不可の過剰糞尿処理、集約的飼養による動物福祉等、多くの問題を抱える。新しい生物科学概念「代謝プログラミング」研究をシーズとして牛の代謝を制御し、飼料耕作放棄地や未利用地等の日本の豊富な植物資源を放牧により高度活用し、放牧管理には先端IoTやJAXAと協力して衛星データを用いる。若い農業者が未来に希望をもち産業として世界と戦える畜産業へ大革新する。
日時
タイトル 「3次元形状復元に基づく草高推定・葉面積指数の自動計測技術」
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
国立大学法人 鹿児島大学大学院理工学研究科 情報生体システム工学 准教授 鹿嶋雅之
講演 草高計測及び葉面積指数の推定を行うことで有効な作物成長度の取得を行います.草高計測では,距離データによる草高データマップから計測します.葉面積指数は, 3次元復元から得られた総葉面積に基づき推定を行います.提案手法による測定値と実測値と比較実験から,草高計測値,葉面積指数推定値ともに高精度で得られることが実証できました.

お問い合わせ先

お問い合わせ先 国立大学法人 鹿児島大学
郵便番号 890-0065
住所 鹿児島県鹿児島市郡元1丁目21-24
TEL 099-285-8515
FAX 099-285-8515
URL http://www.kagoshima-u.ac.jp/

PAGE TOP